サイ・テク・カレッジ環境土木学科ゆるーーい日誌

土木・建設業とは何かを学生と共に学び、感じたことを綴ったゆるーーい日誌です。

測量士補の試験で得られること

こんにちは、ミヤギです。

今日を含め測量士補の試験まで残り3日となりました。

 

今日はその国家試験である測量士補の試験から得られることについてお話をします。

 

結論から言いますと、、、

 

この測量士補の試験勉強している間に論理的に説明、イメージを具体化する力が養われます。

 

そもそも測量士補とは

測量士補とは単純にいうと測量士の補佐として、アシスタントとして仕事をするためには専門技術知識が必要となります。その技術知識をきちんと有しているか、資質があるか問う試験です。

 

測量士補の試験の内容

ざっくり説明をしますと、法律を含む専門分野の知識問題、専門分野の計算問題、専門分野と専門分野を組み合わせた応用問題の合計28問が出題され、試験時間は3時間。18問以上の正解を得ると合格となります。

 

測量士補の計算問題について

たった28問なのに3時間も設定されていることに違和感を抱きませんか?

この測量士補の試験は28問のうち11、12問程度が計算問題で残りが文章問題となります。

 

この計算問題が実に厄介なものです。

 

なぜかというと、

 

計算過程が長くなる問題も少なくありません。

 

その中でも電卓を使えばすぐに終わる問題が結構あります。

 

ただし、

 

この測量士補の計算問題では

 

 

 

電卓の使用禁止。

 

 

 

日頃から電卓に慣れてしまっている人にとっては致命的なものです。現代から浮世離れ下試験であります…

 

もう手で計算をするしかないのです。。。

 

小数点5~6桁の計算、

 

ルートを使った計算、

 

三角関数

 

60進法を使った計算など。。。

 

日頃の生活ではせいぜい整数の3桁、4桁の暗算がせいぜいですよね。60進法が使われている時間の計算でもせいぜい5分というくくりで考える程度かなと。

 

日頃から測量業務に携わってきたのであれば、そんなに苦ではないかもしれませんが、日常の生活ではなかなか暗算で計算しないものばかりです。

 

測量士補の計算問題から得られることについて

さて、こんな複雑をいちいち手で計算をしなければならないという苦行を終えた先の資格取得以外に何が得られるのかについて考えてみました。

 

測量士補から少しばかり話がそれてしまうのですが、、、

 

僕らの最近のライフスタイルっていうのはすごく便利になりました。

 

先に話した電卓があります。

 

(電卓が登場して何年経ったのかはわからないくらい、ずっと以前からありますが)

 

インターネットが家庭に普及して20年~25年くらいでしょうか。

 

スマホも普及してやがて10年ほどでしょうか。

 

気になることがあったら、すぐにその場で答えを得られる時代にいます。

 

便利な時代だからこそ、いろんなことが解決するスピードが加速してきていることを肌感覚で体感しています。

 

ただし、解決するスピードもあがってきて効率的にはなっているのですが、違和感もあったりします。

 

その答えはどこから来たのだろう?

 

なぜそうなる?

 

というのも感じます。

 

答えは得ることができたのだけど、その答えに至る過程、プロセスがぼっかり抜け落ちてしまっているのでは。

 

試験で答えがあるからいいけど、実際の社会では100%正しい答えを出すのはできないものです。

 

仮に答えがあったとしてもその答えに至った経緯、過程や根拠を示さなければなりません。

 

話を戻しますと、、、

 

測量士補の計算問題では面倒くさい計算過程を経て答えを導き出します。

 

その計算過程では順序を丁寧に書いたり、記号や図を描いたり、時には言葉に書き起こして頭の中を整理することも多々あります。

 

となると、

 

プロセスが非常に重要になってきます。

 

面倒な手での計算過程を続けることで

 

論理的に説明を組み立てる、イメージを具体化する力が養われていきます。

 

イメージを具体化することでできること

数字や計算式に具体的に言葉にし、意味を持たせるまたは仮説を立てて検証するなどの繰り返しです。

 

この測量士補の試験に写真測量という分野があるのですが、それがなかなかとっつきにくいなかと思います。

 

飛行機を飛ばして、街の上空を飛び写真を撮ったことがあるっていう人はそう多くないどころか、極めて少ないでしょう。

 

現実で体験したことがないそんな状況を想像して、計算するのはなかなかしんどいし、計算の答えは導きだせたとしても、実態を感じないと思います。

 

それを実態に感じるように、自分なりに身近なモノやコトに置き換えて想像をし、計算をしなければ腑に落ちないもんです。

 

腑に落ちてしまえば、原理がわかるので、試験の出題パターンが変わったとしても計算し、答えを導きだせるようになります。

 

イメージをし、

仮説をたて、

検証し、

答えを出す

 

というのは試験で問題が解けたことよりも重要なことなのではないかと思います。

 

変化の激しい時代と言われているからこそ、自分の頭で考えることを鍛えなきゃならないです。

 

試験勉強ではありますが、

 

論理的に説明を組み立て、イメージを具体化する力を鍛えるという入り口には相応しい内容。

 

測量士補は資格手当以上のものが得られる国家試験です。

 

話が長くなってしまったので、今日はここまでにします。

 

では!!

 

 

生物と建築の両方の現場をのぞいてみた

こんにちは、ミヤギです。

 

ずいぶん間があいてしまったのですが、、、

 

ちょっと前の話で前回の続きでサイテクカレッジのリーダー研修合宿の2日目についてお話をします。

 

日本の朝はラジオ体操から

二日目は朝6時半起床でした。名護青少年の家の館内には小鳥のさえずりのBGMが目覚ましとして流れ、さわやかに起きることができました。

 

7時から広場前でラジオ体操でリーダー研修合宿の二日目がスタートしました。

f:id:sci-tec-civil:20170516093736j:plain

ラジオ体操係は環境建築学科1年に任せました。

 

高校生の頃までは運動会や体育の授業の一環、夏休みのラジオ体操運動でしかやらなかっただろうと思いますが、多くの企業、特に建設業に関してはラジオ体操で一日がスタートします。

 

ラジオ体操とまではいかなくても、日頃からストレッチを行う習慣を取り入れてもいいのじゃないかと思います。

 

リーダー研修ですので会議を

サイテクカレッジのリーダー研修合宿となっていますので、施設内の講堂で会議を開きました。サイテクカレッジのイベントや行事の運営についてや方向性について話し合い、役割の分担を決めました。

 

僕としてもできる限り学生の意向に沿ったサポートをできたらと思っていますので、環境土木学科、建築学科以外の学生とも円滑に情報を交換できるよう努めていきます。

 

歴史ある酒造所を見学

午後に名護青少年の家を退所式を行い、そのあとすぐに名護市街地にあります津嘉山酒造所へ見学にいきました。

 

津嘉山酒造所の創業は大正13年の老舗になります。現在、修復作業中の酒蔵は昭和4年築となっており、コンクリート瓦を使用している最も古い木造建築物です。

 

今回、「お互いを知る」というテーマもあったので、

 

生物工学科の微生物を活用した取り組み、商品開発と環境建築学科の木造建築という分野を同時に見学をし、それぞれの学科が学んでいることが何に活かされるのかを知るということで津嘉山酒造所のご協力を得て見学をさせていただきました。

 

現場を覗く

酒づくりの職人の杜氏さんから、津嘉山酒造所の泡盛「国華」の製造工程について説明をうけ、ほとんどの工程が手作業で行われていると。

f:id:sci-tec-civil:20170516132719j:plain

 

実はこの酒蔵で使われている木材は防腐処理されていなく、泡盛づくりに欠かすことができない黒麹菌が繁殖し、木材へ付着し、それが木材を強くしているとのことで、建築学科、生物工学科の学生にとっては目から鱗の驚き。

 

泡盛つくりについてのレクチャーを受けた後、修復作業中の酒蔵を見学しました。

 

建築を学ぶ学生にとってはすごく刺激的でワクワクしたのではないかと思います。

 

f:id:sci-tec-civil:20170516133648j:plain

既存の木造部分に鉄骨で補強しています。

 

f:id:sci-tec-civil:20170516134003j:plain

屋根の赤瓦の葺き替え状況

 

初めて建築現場を訪れる学生がほとんどでしたので、環境建築学科以外の学生も真剣に話を聞き入り、真剣な顔で見学をしていました。

 

2日間を振り返る

今回のリーダー研修でお互いを知り、お互いが何を学んでいるかを知ることで、今後の学校生活でお互いサポートしあうきっかけになったのではないかと思います。

 

「環境を創る」というのはまず丁寧に人間関係を創ることから始まります。ひとりで何かを成し遂げる事といのは不可能のもんです。

 

1泊2日の短い時間でしたが、在学中、卒業後にもよきリーダーになるためのスタートになっただろうと。

 

これからも学校生活を陰ながらサポートをしていきますので、よろしくです!!

 

追記

普段は泡盛を飲まないのですが、今回の見学を機に津嘉山酒造所の「国華」を購入しました。造り手の顔や思いを見たことで興味がわき飲んでみようかと思いました。この当日、21歳の誕生日を迎えた学生がいたので、国家試験が終わりましたら、一緒に軽ーく酌み交わします。

リーダー研修合宿を振り返る

こんにちは、環境土木学科のミヤギです。

先日の記事に引き続き、今回は4月末に実施したサイテクカレッジ美浜のリーダー研修合宿について振り返ります。

 

リーケンでやったこと

リーダー研修合宿、略してリーケン

 

リーケンということですが、勉強会をやったわけではないです。クラスからの代表を募り、他の学科、他のクラス、学年の垣根を越えて交流をすることを目的としていますので、なるべく多くのおしゃべりをすることをしてきました。

 

「多くのおしゃべり」というのは共通の目標と雑談をを織り交ぜたおしゃべりをしました。

 

そんなおしゃべりをするためにやったことが、

 

火を起こしてカレーを作る

参加者全員でトレッキング

BBQ(ただしうまい肉に限る)

 

この3つ。

 

カレーとローストチキンをつくってみた

名護青少年交流の家への入所式を終えたあと、早速5つのグループに分かれ、カレーを作りながら、同時にダッチオーブンローストチキンを作りました。

 

ちなみに入所式はこんな感じ。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509162609j:plain

環境建築学科2年の長浜くんがしっかりと司会をしてくれました。

 

この後すぐに野外炊事場へ移動しました。料理ができるまでに1.5~2時間ほどかかるので。

 

各グループで自己紹介などを行い、レクチャーを受け、グループ内で各自の役割を分担し、カレー、ローストチキンの料理開始。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509163007j:plain

火おこしについてレクチャーを受けるファイヤー担当。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509163323j:plain

チキンの内部に熱が伝わりやすいようにフォークを刺す食材担当。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509165025j:plain

一応、僕も学生と一緒になってつくりましたよ。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509163625j:plain

カレーとごはんを火にかける。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509165145j:plain

カレーができるまでの間の一枚その1

 

f:id:sci-tec-civil:20170509163856j:plain

カレーができるまでの間の一枚その2

 

すごくさわやかで青春ぽい雰囲気でカレーとローストチキンを作ってきました。

 

約2時間近くの料理をし、いよいよ実食。

 

 

 

ここは合宿です。

 

なので、みんな揃って食事をします。

 

 

なので、

 

f:id:sci-tec-civil:20170509164537j:plain

環境建築学科2年の長浜くんのあいさつで

 

 

「おいしいごはんいただきます!!」

 

 

なんだか懐かしい食事のあいさつでした笑

 

僕のグループのカレーとローストチキンの出来はこんな感じ。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509165252j:plain

すごいドロドロなカレーって伝わるかなぁ。。。

 

よくある野外でのカレーは水っぽくべしゃべしゃな感じになるのですが、なぜかドロドロすぎるぐらい粘度の高いカレーでした笑

 

f:id:sci-tec-civil:20170509165434j:plain

ローストチキンはこんな感じの仕上がり。

 

チキンも良かったのですが、野菜がおいしかったです。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509165537j:plain

グループのみんなとの一枚。この人数では結構な量のごはんでした。

 

みんなで協力してつくる外のご飯っていうのはホントうまいものです。あまり話しをしたことがない人同士でも一緒になってうまいご飯をつくると打ち解けるのも早いかなと思います。

 

雨降ったけど山を登る

カレーとローストチキンを食べて、片付けをし、しばらく休憩したあとは名護岳に登りました。

 

実はこの日雨が降っていました。

 

ドシャ降りになったり、小雨になったり、時々止んだりと不安定な天気…

 

名護岳へトレッキングをするか、またバスケットボールをするかどうしようか悩み、名護青少年の家の職員の方と相談した結果、、、

 

「雨の中を歩くのもいいじゃない」

「雨ぐらいで中止にしてはいけない」

「過ぎてしまったらいい思い出」

 

という結論。

 

なので、足元に気を付けながら、名護岳をトレッキング。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509170858j:plain

名護岳は原生林がまだまだ残ってます。

 

山の中に入ってしまうと、大きな木がたくさん自生しているのでさほど気にはならなかったです。

 

この名護岳というのは環境生態学科にとってはすごくおもしろいところに映っていたようです。自生している木や虫、生態系について考えながらのトレッキングしていたようで、環境建築学科と環境土木学科とは全く違った目線をもっています。

 

個人的にはこの違いがおもしろいなと思えた時間です。このリーダー研修の目的でもあったのでよかったです。

 

携帯電話の電波がなかなかつながりにくいところなので、スマホを触ることもできないので、歩いている人としゃべりながらじゃないと結構キツいんですよね。

 

この歩いている間に、学生同士おしゃべりできたかなと思います。

 

約1時間30分ほど歩いた末、ようやく山頂へ到着。

f:id:sci-tec-civil:20170509171747j:plain

名護岳のてっぺんから名護市内を見下ろす。

 

天気も良くなかったので、霧がかかってしまいました。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509171645j:plain

全員で記念撮影。登山した──!!って感じ。

 

この名護岳のてっぺんからまた1時間弱の時間をかけ下山しました。

 

海も好きだけど、山もいいなって思えました。

 

うまい肉を一緒に食べると一瞬で仲良くなれると思う

さてさて約3時間の名護岳のトレッキングの後の夕食はBBQをしました。

 

僕個人的な趣味でもあるのですが、BBQで肉を焼くのすごく好きです。

 

このリーダー研修合宿でどうしても学生に僕が焼く肉を食べてもらいたく、BBQはお肉屋さんの手配、お肉の厚みも指定して気合を入れて肉を焼かせていただきました。

 

肉を焼くことに集中しすぎてしまい、実はこのBBQの写真をあんまり撮っていないんです。。。

f:id:sci-tec-civil:20170509172915j:plain

準備中の風景。

 

おいしいモノ、おいしい肉というのは場の空気を楽しくする力を持っています。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509173126j:plain

自信をもって焼いたお肉がはっきり映っていないのですが、いい出来でした。

 

ぜひ、学生も卒業後は就職した会社、友人同士のパーティーなどを盛上げてくれる人なってもらえたらって思います。

 

もちろん在学中にもクラス単位で学生同士で夏休みにBBQやペンションなどがあるかと思います。その時にもクラスを盛上げていただきたいです。

 

ドラム缶風呂に入ってみた

実はBBQをしている側でドラム缶風呂を沸かし、湯につかっていました。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509174042j:plain

 

以前からこのドラム缶風呂に憧れがあって、名護青少年の家のスタッフの方と企画をし、やってみました。

 

f:id:sci-tec-civil:20170509174246j:plain

すっごく窮屈そうに見えますが、これが案外、心地よい窮屈さです。

 

入ってみてわかったのが、ドラム缶の淵などは熱くないんだってことを。あとドラム缶の底は直接足で触れないので、平気だってことを。

 

理屈ではわかってるけど、肌感覚で体験するのは違うなって改めて思いました。

 

やってみないと分からないというか、やってみて理解できるもんだなーって。これってすごく大事なことだと思います。

 

 

 

 

うーーーむ、、、

1日目でこんなに長くなってしまった。

 

2日目はそんなに長くはないと思いますが、、、

今回はここまでにします。

 

では!!

4月の学校行事について私のコンセプト

こんにちは!!環境土木学科のミヤギです。

気が付けば、2017年度が始まって1か月経っていました。

 

この環境土木学科のゆるーーい日誌を更新せずに5月を迎えてしまいました。

 

新年度が始まって色々と忙しく過ごしていたもので、、、

 

もしかしたら、今回は長文になるかも。。。

 

環境土木学科ということではなくサイテクカレッジ美浜の4月の学校行事を一個人の考えをお話します。

 

サイテクカレッジ美浜では僕が主に学校行事やイベントを運営の中心となっています。いわゆるリーダーになります。

 

4月は学校行事が新入生歓迎スポーツ大会リーダー研修合宿を実施しました。

 

初対面であってもすぐに一緒に協力をすることとは

新入生歓迎スポーツ大会では例年通りにバスケットボールをし、全学科の全クラスの学生をごちゃ混ぜにし、8チームつくり、2グループに分けました。予選グループは総当たり2回戦、グループで上位2チームは決勝トーナメントへいくという結構過酷なスケジュールで行いました。

 

ハードすぎた学生、申し訳ないです。。。

 

専門学校ですから、卒業後に大学編入する学生以外のほとんどが就職となります。この時点から卒業後、社会でたのしく生きるためのスキルを身に着けてほしく、慣れ親しんだクラスメイトばかりでないチームでチームスポーツを行いました。

 

挨拶したばかりの人とすぐにチームとして動いていくのはスポーツに限ったことではなく、会社、社会ではよくあることです。なので、少しでも体験してもらえたらと。

 

あとクラスや学科以外の学生と交流をもって、少しでも学校生活を楽しんでいただきたいという思いもありました。

 

f:id:sci-tec-civil:20170503221735j:plain

ヘトヘトになったけどいいヘトヘトだったかなと笑

 

全学生ではないけど、他の学科や新入生と少しだけですけども話することができてよかったです。

 

それにしても、、、

 

この日は暑かったのでキツカッタ。。。

 

チームのリーダーになるため何が必要か

新入生歓迎スポーツ大会の翌週には僕がやってみたいという思いで初めて行った行事でリーダー研修合宿を行いました。

f:id:sci-tec-civil:20170503224344j:plain

「しおり」らしいデザインにしてみました

 

3月の半ばころから2年生には伝えていました。ただし、リーダー研修合宿を行うことだけしか伝えていませんでした。どういったことをやるのかは詳細は話しませんでした。

 

僕がここで求めていたのは

フットワークの軽さ

でした。

 

僕が考えるリーダーの素質としてフットワークの軽さは必要なのではないかと思います。なんだかおもしろそうという好奇心で動き、まずはやってみるというのはすごく大事なんじゃないかと。

 

その好奇心でチームのみんなよりも1歩、1.5歩ほど先を紆余曲折しながら歩いて、その後をついてくるチームや仲間がどうしようもなくなった時にそっと手を差し伸べることができるような存在だと思います。

 

チームのみんなの苦労を少し背負うことになります。

 

ですが、その中で強さとやさしさが身につくのではと考えます。

 

研修合宿で何をするかはわからないまま集まったきっと彼ら、彼女らは「クラス」を「チーム」に変えることができ、チームや仲間の面白いところや良いところをリード(引き出す)できるの者ではないかと。

 

そんなケミストリーを起こせる、火種になれるような学生を集めたいと考えていたので、事前にやることを伝えていませんでした。各クラスからの2または3人の参加者が決まってから、研修の内容を小出しに伝えました。

 

ちょっと話がながくなりそうなので、今日はここまでにしますね。次、たぶん、明日にリーダー研修合宿についてお話をします。

 

では!!

2016年を度振り返る

こんにちは、環境土木学科の宮城です。

 

気が付けば、1か月以上も放置していました。。。

 

卒業研究発表会があったり、卒業式があったりと色々と忙しく過ごしていまして、久々の更新となります。

 

2016年度を振り返る

2016年度はサイテクカレッジの環境土木学科で講師として勤務して2年目となります。

 

1年目は慣れないことばかりで周りを見る余裕はあまりなかったものですから、2年目の2016年度は1年目に比べると実習や見学、合宿などを行うことができたかなと。。。

 

f:id:sci-tec-civil:20170329151647j:plain

7月に恩納村での橋梁工事の見学でドローンからの1枚

 

資格対策試験などに関しても、測量士補2級土木施工管理2級建築施工管理など資格取得、合格のサポートをすることができただろうと思っています。

 

余裕は持っただろうと思っていはいても、それでもやはり試行錯誤の毎日だったのは間違いないです。

 

ですが、その試行錯誤というのはネガティブなもので辛いというのものではなかったです。むしろ、楽しかったです。2年目というのもあって学生とコミュニケーションも取りやすくなっていたこともあって、イメージの共有がしやすかったです。

 

きっと、過去に設計事務所の設計作業や建設現場での管理業務の経験が活きたのかと考えています。

 

この3月に卒業した環境土木学科、環境建築学科の学生には「人間関係を丁寧に築け」とズーーーっと言ってきました。きっと彼らも勤める設計事務所、建設現場で体現してくれるでしょう。

 

合宿などをしてきたわけ

この2016年度は環境土木学科は2つの合宿を実施しました。1つは環境建築学科と合同で夏休み期間中に渡嘉敷島へ1泊2日。もう1つは12月に伊是名島へ2泊3日。

 

どちらも沖縄県内の離島へフェリーに乗って移動し、建設業とは直接的に関係のないことをしてきましたのですが、それで良いのです。

f:id:sci-tec-civil:20170329152226j:plain

渡嘉敷島合宿での朝の集い、ラジオ体操

 

日頃、学校でアカデミックに土木などについて学んでいますが、アカデミックなことだけでは良い技術者にはなれないです。

 

「土木」に与えられている社会的な役割というのは「点と点を結ぶ線を創る」。

 

良い技術者とはモノづくりができるというのは当然なことで、モノづくりの先にある人と人つなぐ、橋渡しを担う、場を整える者が良い技術者だと思っています。

 

そうなると、、、

 

独りよがりではよい技術者にはなれないと思っています。志をもった複数の人が「チーム」として動き、切磋琢磨しながらでないと良い技術者に成りえないです。

 

f:id:sci-tec-civil:20170329152519j:plain

12月の伊是名島合宿での一枚

 

なので、この環境土木学科をひとつのチームとして考えた場合、各々が持っている理想の技術者になるためにはチームとして動いていく必要があると考え、合宿を2度実施しました。

 

合宿でチーム、学科の結束を高めることができました。どうすれば良いチームをつくることができるかを考え、各々が理想とするチームをつくることもできると思っています。

 

もうすぐ新年度

さて、今週末で3月も終わってしまい、土曜日からは4月になります。新年度がいよいよ始まります。

 

環境土木学科の在学生、4月から2年生の学生春休み期間中ですが、学校に来て5月21日の測量士補の国家試験に向けて日々、勉強に励んでいます。測量士補試験合格後には合格通知書を眺めながら祝杯できたらって思ったりします(20歳未満はソフトドリンクで)。

 

f:id:sci-tec-civil:20170329153953j:plain

3月2日の卒業パーティーで環境土木学科で1枚

 

2017年度も環境土木学科のチームワークをより高めていけるように色々と企みながらも、他の学科の学生ともこれまで以上につながりを持てたらと思っています。4月は新入生歓迎スポーツ大会とサイテクで初めての試みのリーダー研修合宿を企画しました。

 

3年目となる2017年度はこれまで以上に学科やクラスを超えて、サイテクの学生にとってより良い関係、お役に立てるようになれたらと思います。

 

では!!

広告を非表示にする